HOME > 富士急行の社会人採用の特徴 > 先輩メッセージ(2)

社会人の先輩たちから、メッセージ Message2 土橋 一仁

中国でのビジネス経験を活かし、
世界の人々に「富士」の魅力を体験してもらう

土橋 一仁 Profile

■これまでと違った仕事にチャレンジしたいという気持ちから、
 転職を決意

現在所属する営業部は、全社的な営業戦略を担う部署で、中でも、私は台北にある駐在員事務所でインバウンド誘致の責任者を任されています。現在のミッションは、台湾全域の旅行代理店や現地企業に営業を仕掛け、主に団体のお客様を富士山周辺にある当社施設へ誘致することです。旅行代理店に対しては、団体ツアーに当社施設を組み込んでいただけるよう、台北を拠点に、台湾全域を飛び回っています。また、日系企業や現地企業に対しても、直接報奨旅行や研修旅行を提案し、当社施設の利用拡大にも繋げています。
富士急行に入社する前は、大手電子部品メーカーで10年以上営業に携わってきました。ですから、富士急行への転職はキャリアの大転換と言えるでしょう。前職に不満があったわけではありませんでしたが、中国から帰任し、自分を振り返った時に転職が選択肢の一つとして浮かび上がりました。中国で数年間働いてみて日本、特に出身地である山梨県に聳える富士山の魅力を世界に伝えたいという気持ちが芽生えたことが富士急行への入社の決め手になったと思います。

■強みを生かしつつ幅の広がりを実感
 -これまでと異なる未知の領域で奮闘

入社後、数ヶ月間の現場教育を経て、最初に配属されたのはグループ事業部という、関係会社を統括管理する部署でした。管理部門というこれまでに経験のない仕事は難しさや苦労もありましたが、全社的視野が身に付き、戦略的にインバウンド誘致に取り組めることから、自信にもつながっています。もちろん中国本土で営業マネージャーをしていた前職の経験は大きな強みですが、グループ事業部で培った知識や人脈を通じ、新たな分野での成長を実感しています。
また、横のつながりという意味で幅の広がりを感じています。前職でも、横のつながりはありましたが、同業や特定業種とのB to B取引がほとんどでした。富士急行に入社してからは、交通事業者やホテル、旅行、官公庁等、取引先も急激に広がりました。さらに、展示会等で当社のブースに来場される一般顧客と直接ふれあう機会もあり、これまで関わりのなかった、あらゆる業種の方々とのビジネスからは、これまで以上に可能性の広がりを感じています。

■地域密着型グローバル企業
 -一見相反する性質を両立し得る会社

入社してみて感じる富士急行の特徴は、地域との関わりを重視しながらも広い領域でグローバルに展開しているということです。一見「地域密着」と「グローバル」は相反すると思われがちですが、富士急行にはこの2つを両立できる土台があります。その理由は、路線バスや鉄道等のインフラを持ち、地域と密接に関わりながらも、「富士を世界に拓く」という創業精神の下、富士山の素晴らしさを世界に伝えてきた会社という点にあります。富士山周辺エリアは、世界文化遺産登録以降、注目が高まり、多くの外国人観光客が訪れており、創業精神にある「富士を世界に拓く」という言葉が現実味を帯びています。私の仕事は、世界中の人たちに富士山の魅力を伝えるという非常にやりがいのあるものです。
また、海外でスピード感のあるビジネスを経験できることも大きなやりがいの一つです。次のステージとして、中華圏以外の国でも経験を積むため、英会話の習得を目指し奮闘中です。将来、さらに商圏が広がった際には、これまでの経験を最大限生かし、さらなる高みを目指したいと思っています。

地域密着型グローバル企業