COMPANY

会社を知る

ビジネスフィールド
スポーツ支援

富士急グループは「運輸事業」「レジャー・サービス事業」「不動産事業」を中心に
経営理念「いつも喜び・感動」の実現を目指しています

「運輸事業」「レジャー・サービス事業」「不動産事業」、これらの事業は事業活動を行う上で、密接に連携しています。この事業展開こそがシナジー効果を高め、企業価値の最大化を目指しています。

運輸事業

〜「120%の安全」を追求し地域貢献を目指す〜

当社が考える安全とは、「結果的に安全だった」というレベルではなく、「絶対、安全にお客様を目的地までお送りする」ことです。この『120%の安全』を最優先に考えながら、鉄道・バスなどを運行しています。事業エリアは山梨・静岡を中心に観光や地域住民の足として重要な役割を担っています。近年では、首都圏での事業展開を強め、2004年には東京都港区のコミュニティバス「ちいばす」を、2008年には渋谷区のコミュニティバス「ハチ公バス」の運行を開始しました。また、観光バスへの投資も積極的に行っており、山中湖で人気の水陸両用バスは、2017年に、お台場で「TOKYO NO KABA」としてお台場で運行を開始しております。また「地球環境や人にやさしい」バス事業を展開するために、CNG(圧縮天然ガス)バスや、ハイブリッドバスを導入し、環境問題に対しても取り組んでいます。

Q-POINT〜観光鉄道化への取り組み〜

鉄道事業では、富士山を楽しむための日本一ゆたかな登山電車「富士登山電車」や、様々な富士山キャラクターが車両に描かれた「フジサン特急」など特色ある車両を導入しています。それは「電車に乗ること」がレジャーや旅の目的になることを目指す「観光鉄道化」への取り組みです。2016年の春には、富士登山電車のデザインを手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインを担当した「富士山ビュー特急」を新たに導入いたしました。雄大な富士山を眺めながら、ゆったりした空間でスイーツやドリンクを楽しむことができる、特別な電車です。このように移動時間も楽しい旅の思い出に残るような空間を提供しています。

運輸事業の写真
運輸事業の写真

富士急行の事業における運輸事業の割合

富士急行の事業における運輸事業の割合のグラフ

レジャー・サービス事業

〜「最高のホスピタリティ」のもと、他社との差別化を図る〜

富士急ハイランドを中心に、遊園地・ホテル・温浴施設・ゴルフ場・スキー場・キャンプ場など様々な施設を運営しています。富士急グループでしか味わうことのできない「Only1」の体験、そして「最高のホスピタリティ」を提供するという考えのもと、差別化を図りながら展開しております。2017年はさがみ湖リゾートプレジャーフォレストにアジア初の巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」を、富士急ハイランドに加速度世界一のコースター「ド・ドドンパ」をオープンし、さらに新しい価値を創造いたしました。また、国内最大級の快適な個室を備えたカプセルホテル「キャビン&ラウンジ ハイランドステーションイン」をオープンするなど、新たな客層の開拓にも積極的に取り組んでいます。

Q-POINT〜進化を続ける富士急ハイランド〜

今まで富士急ハイランドでは、「FUJIYAMA」「ド・ドドンパ」「ええじゃないか」「高飛車」などの4大コースターをはじめ、世界屈指のライドパークとして積極的な設備投資を行っています。
現在は増加している国内外のお客様にも富士急ハイランドを楽しんでいただくべく、回転系絶叫アトラクション「テンテコマイ」のオープンや、「富士飛行社」のリニューアルを行っております。その他企業とのタイアップイベントも強化、今までおこしいただいていなかった客層の取り込みを図っています。

マッスルモンスターの写真
ド・ドドンパの写真

富士急行の事業におけるレジャー・サービス事業の割合

富士急行の事業におけるレジャー・サービス事業の割合のグラフ

不動産事業

〜エリア(地域全体)の魅力を高める〜

主に山中湖畔(山梨県)と十里木高原(静岡県)において、別荘の開発と販売を行っています。それは、単に別荘を開発して販売するのではなく、別荘地のエリア全体の価値や魅力を高めるために、行政や地域社会、別荘オーナー様に協力していただきながら街づくりを手がけています。また、他社との差別化を図るために、山中湖畔まで徒歩4分の物件「ふれあいの森」や目の前に富士山を眺められる物件「見晴らしの森」など、立地に特徴のある土地物件“森シリーズ”をはじめ、お客様の趣味を切り口にした別荘開発(ガレージハウス山中湖、ガーデニングハウス山中湖など)を行うことで、「こだわり実現リゾート」「高付加価値のライフスタイル」の提供を目指しています。また、賃貸業においても、社有地の有効活用を推進しています。

Q-POINT〜富士急行のコンセプト・ヴィラ〜

富士急行では他社との差別化を図り、よりお客様のニーズに合った世界でひとつしかない別荘を提供するために、別荘を「お客様の趣味やこだわりを形にするためのステージ」ととらえ、独自の視点で商品の企画や開発を行っています。趣味やアートに生きる人々が、思いのままに暮らしを楽しむためのスペース、それが富士急行の考える「コンセプト・ヴィラ」です。

主な事業・施設

ガレージハウス山中湖
クルマと遊び、クルマと暮らす別荘
フェアウェイテラス山中湖
ゴルフ三昧で過ごすための別荘
セラーハウス山中湖
ワインと食を愉しむ別荘
ガーデニングハウス山中湖
自然に包まれ、美しい日々を楽しむ別荘

▶︎ グループ会社一覧

不動産事業の写真
不動産事業の写真

富士急行の事業における不動産事業の割合

富士急行の事業における不動産事業の割合のグラフ

スポーツ支援

日本、そして世界で活躍するスポーツ選手の支援を行っています

富士急ハイランドの前身は1961年にオープンしたスケート場、「富士五湖国際スケートセンター」です。当時から国内のスケート選手の育成を続けており、世界で活躍するトップアスリートを数多く輩出してきました。
現在は富士急行スケート部と富士急カーリング部が活動しており、またウインタースポーツ以外にも、山梨県のバスケットボールクラブチームに富士急行の社員が在籍しています。グループ全体でスポーツ選手の育成・強化に関わり、その活躍を支援しています。

富士急行 スケート部の写真

富士急行 スケート部

富士急 カーリング部の写真

富士急 カーリング部

山梨クィーンビースの写真

山梨クィーンビーズ