人事部長メッセージMessage from Personnel director

MESSAGE

富士急行が求める人材とは??

富士急行は、運輸、観光、不動産という3つの主たる事業を柱に、流通、建設、情報など多様な分野の関連会社約40社を統括する富士急グループの中核企業です。当社グループは、業種や業態も違いますが、創業精神である「富士を世界に拓く」に基づき、“いつも『喜び・感動』”の創造を共通の経営理念として事業を展開しています。

私たちは、オリジナリティの高い『喜び・感動』を提供するために、全事業領域での一人ひとりの仕事への取り組みにおいて「安全」「ホスピタリティ」「イノベーション」「バリュー」この4つのキーワードを大切にしています。歴史ある伝統的な事業の運営はもとより、新規施設の開発や商品企画においても、これらの4つのキーワードを念頭に、どうしたらお客様に『喜び・感動』を与えられるか、常に考え・工夫できる人材が当社が求める人材であり、100年の時を超えて富士を世界に拓き続けるための原動力となるのです。

平成25年の富士山世界遺産登録以降、「富士を世界に拓く」を創業精神に展開してきた当社の経営環境は明らかに新たなステージへ歩みを進めています。世界各国から集まるお客様に対して『喜び・感動』を提供するためには、新たな事業展開や誘客策において、世界的な視野に立つような多様性を求められ、これらに応えられる人材は自らの「可能性を拓く」ことが出来るでしょう。そうした努力が富士急グループの将来の可能性を拓いていくことにもつながります。

また、当社の事業領域は多岐に亘っており、総合職として入社すると、本社の管理部門や企画部門、また各事業部やグループ会社など、様々なステージで様々な仕事を経験しながら、社内大学制度などのバックアップにより自己啓発を重ね「キャリアを拓く」ことになります。これは、将来のマネジメント層へのステップであり、その過程で自分に合った適職を見つけてもらうことが、当社が理想とするキャリア形成の有り方であり、結果的に社員一人ひとりの成長意欲がお客様の満足度を高め、それが会社を成長させるという好循環をもたらすと考えています。

当社は4つのキーワードを基に、『喜び・感動』を提供しながら、働く人の自己成長と会社の成長や可能性を通して、人と会社の双方の「未来を拓く」ことが出来る会社です。豊かな未来を築ける人材を当社は求めています。

富士急行株式会社 取締役執行役員 人事部長

富士急行株式会社 人事部長

ページトップへ戻る