創業精神・経営理念Corporate philosophy

[創業精神]

富士を世界に拓く

経営理念 いつも「喜び・感動」

富士急行のこれまでの歩みは、創業精神「富士を世界に拓く」に基づいています。
90年前、創業当時の富士山麓一帯は交通がまだ整備されておらず、
真っ黒な溶岩野原が広がる、いわば未開の地でした。
富士山の素晴らしさを多くの人に広めたい、日本の良さを知り、もっと好きになってもらいたい。
私たちはそんな想いのもと、鉄道を開業しました。
荒れた地に土を運び、木を植え、環境と観光の共存をはかりながら、
様々な事業を展開し、今日にいたります。

現在、富士急グループは約40社で構成されており、多岐に亘る事業を展開していますが、
創業精神「富士を世界に拓く」は、社員一人ひとりに浸透し、受け継がれています。
そしてその企業活動の指針となっているのが、
富士急行の経営理念である“いつも「喜び・感動」”です。

唯一無二の富士山の魅力を伝えるために、
富士急グループは、Only1戦略「クリエイティブ&ディファレント」を推進しています。
他にはない、オリジナリティの高い「喜び・感動」を創造し、
世界の人々の心の豊かさに貢献していきます。

ページトップへ戻る