富士急行

MENU

環境について

世界文化遺産「富士山」を守り、環境と観光の調和のとれたリゾートエリアへ

鉄道の取り組み

鉄道の取り組み

照明のLED化(信号、踏切灯、駅舎)

信号や踏切動作反応灯、駅舎照明や踏切照明において、省エネ効果が高く寿命も長いLEDを導入しています。また、車両のリニューアルの際の行先表示器や車内案内装置においてLEDを導入しております。

他鉄道会社の中古車両の導入、リノベーション、再活用

他の鉄道会社で利用され引退した車両を当社が譲受し、車両新造にかかる環境負荷を低減させています。

車両への回生ブレーキの導入

ブレーキのエネルギーを電気に変換し、ほかの電車の加速時に利用し、エネルギーを最大限活用しています。回生ブレーキは現在特急2編成、普通電車7編成に導入されています。

PCB廃棄物の管理・処理

使用済みのポリ塩化ビフェニル(PCB)機器は、法令に基づいて適正に保管し、届出を行っています。また、順次廃棄処理を行っています。

レールや枕木の改良、改修

レールの継ぎ目をなくすロングレール化を行い、騒音・振動の低減や乗り心地の向上に取り組んでいます。また、レールを重軌条化により重量を1mあたり50kgのレールで騒音・振動の低減を図っています。また分岐器の枕木を木枕木から合成枕木へ材質を交換し、振動の低減や長寿命化を図りました。

車輪の定期的な整備

車輪を電車修理工場にて定期的に削正することで、車輪表面の凹凸をなくし、走行時の騒音の低減を図っています。

索道 遊歩道の整備(アジサイ植栽など)

富士山パノラマロープウェイでは、天上山山頂への遊歩道を整備しております。昨年は新たな展望櫓をお客様に公開するにあたり、そこまで向かう遊歩道を整備しております。今後も地域の皆様と連携して対応していきたいと思います。

索道 乗車券WEBチケット導入(ペーパーレス化)

WEBチケット対応により、磁気乗車券や紙乗車券と比べ環境負荷の軽減を図っています。

バスの取り組み

バスの取り組み

電気バスの導入

2020年3月には山梨県内では初となる「電気バス」を導入しました。充電した蓄電地の電力でモーターを動かすことによってガソリンを一切使わない、排気ガスゼロの環境に優しい車両です。災害時には電気バスを移動蓄電池としても活用でき、周辺地域にお住いの方々や観光客を手助けする使命も担っています。
デザインは環境にやさしい「電気バス」ということが一目でわかるように、コンセントをかたどったバスに「EV-BUS」のロゴをアイキャッチに、そのロゴマークから伸びる枝が富士山の緑に繋がることで自然環境への配慮と世界遺産・富士山の自然を守り続けていこうという決意を表しています。
ディーゼル車は、排気ガスとして排出されるCO2が500t/台程度であるため、電気バスを1台導入するごとに年間500tのCO2排出削減が可能です。

電気バス紹介動画

ハイブリッドバス・タクシーの導入

2005年には、ディーゼルエンジンとモーター(電動機)を組み合わせたハイブリッドシステムを採用した低公害ハイブリッドバスを導入しました。減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに蓄え、発進・加速時にエンジンと併用してモーターが作動することで、高出力と低燃費を両立し、低公害にも寄与しています。
『富士山の自然よ、永遠に』という思いを込めて『エバーグリーンシャトル』と名づけられたこれらの低公害バスは、クリーンなバスとして、主に富士登山バスや周辺地域の路線バスに使用しています。

低公害CNGバスの導入

富士急グループでは、より積極的に自然への負荷を軽減するために、1995年度、全国の国立公園内では初めての黒煙をまったく排出しない低公害CNG(圧縮天然ガス)バスを導入しました。天然ガスは化石燃料の中でCO2の排出量が最も少なく、また煤塵の排出もほとんどないクリーンなエネルギーです。

低燃費タイヤの導入

富士急グループでは、エコタイヤを導入し、低燃費運転を目指すことで、排出する二酸化炭素量を削減し環境への負荷を減らす取り組みを行っています。

排ガス対策の取り組み(尿素)

ディーゼル車両から排出される排気ガスには窒素酸化物等の有害物質が含まれているため、環境に有害な窒素酸化物をアンモニアと科学反応させ、無害な窒素と水に分解する尿素SCRシステムと呼ばれる装置を搭載し、排気ガス対策を行っております。

アイドリングストップ機能搭載車の導入

当社では燃料節約や排ガス削減のためアイドリングストップを推進しております。停車時に自動的にエンジンを停車させることにより、排気ガスや燃料の消費を抑制します。
従来のバスと比較すると地球温暖化の原因であるCO2の排出を約1割削減でき、アイドリングストップ中も冷房送風が可能な装置(自動アイドリングストップシステム)を搭載しています。

レジャーの取り組み

レジャーの取り組み

森林保全によるCO2吸収の推進

会社創立65周年記念事業の一環として「富士急自然の森林」を富士山麓に整備致しました。年々ヒノキの植樹を行うことでその面積は2.29haとなりました。その後毎年若手社員が中心となって下草刈りや自然に適した樹木の植樹を行っています。ヒノキ林は年間で1ha当たり8tのCO2を吸収するといわれており、CO2排出削減にも貢献しております。なお、上記以外に富士山麓には当社が管理している別荘地や森が500ha以上あり、植樹・剪定などを定期的に行うことで富士山の自然を守る活動に取り組んでおります。

フジヤマスタイル

富士山のおだやかな懐に抱かれた山中湖畔エリアで、自然と共生した別荘地です。

水循環型ポータブル手洗い機「WOTA」の導入による衛生環境の改善と節水(雲上閣)

感染症対策として「手洗い」は最も有効な手法の一つです。水道設備が整っていない富士山五合目に、水道のないどんな場所にも設置可能でいつでも綺麗な水で手洗いができる手洗い場「WOSH」を設置いたしました。「WOSH」は、蓄えられた水を、膜ろ過・塩素添加・紫外線照射の3段階のテクノロジーによって水をクリーンに保ちながら循環させ活用するシステムとなっており、限られた条件でも安心・安全な水で手洗することが可能です。また、排水が発生しないことで、自然環境にも優しい施設です。

地産木材の活用(ピカ相模湖)

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストでは、地産木材「さがみはら津久井産材」を活用し修繕・整備しております。地産材を活用することで、地域の林業を守り、ひいては地域の自然を守る活動に寄与しております。

パーマカルチャー施設 ピカ山中湖

PICA山中湖ヴィレッジは、自然の資源を生かし、持続可能な生活システムを作り出すためのデザイン体系「パーマカルチャー」をコンセプトに作られた宿泊施設です。
宿泊施設の他にも、山梨や静岡の契約農家から届く有機野菜や甲州ワインビーフ等、富士山周辺の食材を使用し、旬の料理を提供するレストラン「FUJIYAMA KITCHEN」、購入したエスプレッソコーヒーやパニーニを片手に、富士山をゆっくりと眺めつつ、森林浴ができる「ハンモックカフェ」、富士山の伏流水で作ったクラフトビールと厳選した地元のお肉やこだわりの野菜をバーベキューで味わう「フジヤマガーデンワークス」など、自然を満喫することができる施設があります。

建物の省エネルギー化(空調等)

当社グループの(商業施設やオフィスビル)建物では、省エネ型の空調機などの更新を積極的に進めています。

園内照明LED化(ハイランド 園内・コニファーリンク、相模湖駐車場)

当社グループでは、照明器具のLED化による省エネ推進を積極的に進めております。富士急ハイランドのコニファーフォレストでは、2019年6月に屋外スケートリンクの照明(LED化)改修による省エネ推進を図りました。アイスリンクとしての運用性向上はもちろん、夏季はイベント利用時の収容人数増加を図るという敷地の有効活用や周辺への漏れ光の軽減、冬季はスピードスケート大会などで長期間使用することから、眩しさへの対策には特に留意の上、より安全で快適な照明環境を整えました。

既存建物を活用したリノベーション事業(ステーションホテル)

当社グループでは、(コストを抑え、廃材を削減し、新たな建物としての価値を造る)リノベーション事業を積極的に推進しております。富士吉田市の宿泊施設「富士山ステーションホテル」は、既存建屋を全面改修し、開業しました。事業活動における汚染物質と廃棄物の排出を削減することは、企業の社会的責務の一つです。当社グループは設計会社・施工会社などと協働して、汚染物質と廃棄物の排出防止やその原因となる材料を削減することや、排出する場合には適切な処理を施すことで、環境に及ぼす影響の低減に取り組んでおります。

マウント富士 ネイチャートリップ

富士山の雄大な自然と触れ合い、自然の大切さを体感していただくことをコンセプトに「マウント富士ネイチャートリップ」を開催し、好評いただいています。地元を知り尽くしたインタープリターが富士山麓の自然をみなさんにわかりやすくご説明し、自然環境の大切さを体感していただくイベントです。
例えば、バードウォッチングや、雪上に残る動物の足跡、植物の冬越し(冬芽)など、自然の中に息づく動物や植物の観察や、落ち葉を使った焼き芋づくり、炭焼き体験、地元の郷土料理であるほうとうづくりなど、富士山麓の森や湖で「遊んで」「学んで」「作って」「食べて」、自然環境の素晴らしさや、大切さを学ぶことができます。

樹海ネイチャーガイドツアー

世界に誇れる大原始林が残る青木ヶ原樹海と国の天然記念物として1200年以上前から存在する溶岩洞窟を楽しめるガイドツアー。
樹海に精通した幅広い知識を持つガイドが個性豊かに自然解説を交えながら、散策を行います。 青木ヶ原樹海は富士箱根伊豆国立公園に指定されており、歴史的にも貴重な自然が残された大原始林。ガイドツアーでは、みなさんに溶岩洞窟と樹海の美しさ、楽しさ、大切さを知って頂くきっかけ作りを目指しております。

無水トイレの導入(雲上閣、相模湖)

富士山五合目にある施設(富士急雲上閣)や神奈川県相模原市にあるレジャー施設(相模湖リゾート)では、電気も化学薬品も、そして水も使わない、環境に優しい(男性用小便器の)無水トイレを導入しております。このトイレは、災害発生など断水時にも使用できるといった非常用トイレとしての活躍が期待できます。

排ガス削減 ゴルフ場 電気式カートへの更新

富士ゴルフコースでは、従来使用してきたガソリン式のゴルフカートを、クリーンなエネルギーの電気式カートに更新し、排出されるCO2(温室効果ガス)を削減し、温暖化(気候変動)に対して、そして自然に対しても豊かさを守る取組みをしています。

富士急ハイランドにおける脱プラスチックの取り組み

2021年7月17日(土)より、富士急ハイランド内トーマスランドではレストランやショップにて使用しているプラスチック製の容器を、「FSC認証(※)」を受けた紙・木製品や、植物由来の製品等に切り替えます。この取り組みにより年間約4.5tのプラスチックごみ(CO2換算で約21.5t)の排出が削減できる見込みです。このようにサプライチェーン全体で環境問題へ取り組んでおります。

富士急ハイランドの園内マップの廃止とマップ機能を盛り込んだ公式アプリの導入等のIT化の推進による紙資源の削減

富士急ハイランドの園内マップの廃止とマップ機能を盛り込んだ公式アプリの導入等のIT化の推進による紙資源の削減」2021年に毎年印刷していた園内マップ(100万枚)を廃止し、マップ機能等も盛り込んだ富士急ハイランド公式アプリを導入しました。同じく2021年より、富士急グループで提供する企業向け福利厚生サービスFUJIYAMA Clubについて、年間4回発行していた会報誌(88万部)を廃止し、メルマガとHPでの案内に切り替えました。また、関東近隣の様々な施設に置かせて頂いていた富士急グループの各施設の割引券(4,679万枚)についても廃止し、代替サービスへの切り替えを推進しております。以上により年間82tの紙資源の利用を削減することができました。

富士ミネラルウォーターの脱プラスチックへの取り組み

非常用5年保存水「ラベルレスボトル」

富士ミネラルウォーターでは、昨今の環境問題に対する意識の高まりを受け、持続可能な社会の実現に向けた脱プラスチック化への第一歩として、2021年3月より、非常用保存水としては国内初となるラベルレスボトルの発売を開始いたしました。ラベルレスにすることにより、プラスチック材料削減による環境負荷の低減、ペットボトル処分時の分別作業軽減を図ることができます。

紙パック容器のミネラルウォーター

また、2021年7月5日からは「FSC認証※」をうけた紙資源を使用した「紙パック容器」のナチュラルミネラルウォーターを発売いたします。従来のペットボトル容器に比べ、プラスチック材料使用量を約75%削減することができます。これまでも富士ミネラルウォーターでは、業務用商品へのリターナブル瓶使用の徹底や、ラベルレスの非常用5年保存水の発売と、サスティナブル社会の実現に取り組んできました。本取り組みはそれらに続くもので、今後も環境問題に真摯に向き合い新たな提案ができるよう取り組んでまいります。

※FSC認証:環境や地域社会に配慮して適切に管理された森林から生産されたものであることを証明する国際的な認証です。

本社部門の取り組み

本社部門の取り組み

富士山清掃登山の実施

富士急グループでは富士山の自然保護活動の一環として、毎年、若手社員を中心とした富士山清掃登山を行っています。
「富士山の自然を守り育てる」という思いをこめて実施される富士山美化運動のルーツは1960年代です。以降、全社的な登山清掃活動は会社の記念事業として実施され、新入社員を対象とした清掃登山は研修の一環として毎年実施しています。
富士山の清掃体験を通して、全社員が環境保全に対する企業の理念や「自然を守り育てること」の大切さを学びます。

建物の省エネルギー化(照明LED化、空調更新)

グループ施設同様本社屋についても、省エネ型の空調機の導入、照明のLED化を実施しております。